×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ


 

膀胱炎の基礎知識t

       スポンサードリンク

膀胱炎の症状

 まずは膀胱炎の症状から説明しましょう。症状はいくつかあります。【何度もトイレに行来たくなる。】【排尿時に痛みを感じる。】【尿が濁る。】【尿に血が混ざる。】【残尿感を感じる。】などの症状があります。
 
膀胱炎の初期段階では、まずトイレに行く回数が増えてします。1日に10回以上トイレに行くようなら注意が必用です。残尿感が残るためトイレに行ってもスッキリしないことが多いでしょう。尿が濁っていたり、排尿後につんとした痛みを感じれば膀胱炎の可能性が高まります。
 膀胱炎が悪化してきますと、残尿感が高くなりトイレから中々出られないということもあります。つんとした痛みも強くなり、下腹部に違和感を覚えるようになります。 膀胱炎を放置しておきますと、肝臓への感染など別の病気へ繋がることもあります。 以上のような症状を感じたら早めに病院へ行きましょう

膀胱炎の原因


 膀胱炎の原因は、細菌です。細菌により膀胱に炎症が起きることで発症します。 細菌は尿道から侵入する場合と、尿に含まれる僅かな細菌が増殖することで体内で増えていきます。
 もともと膀胱は細菌に対する抵抗力を持っていますが、ストレスや疲労により抵抗力が弱まると、細菌の感染と増殖に繋がります。
膀胱炎は女性に多い病気です。その理由は女性特有の体に作りにあります。膀胱が尿道や性器、肛門といった細菌のいる部位に近いところにあるため、細菌の侵入がし易いのです。
 したがって、不潔な状態を続けたり尿を我慢し続けると膀胱炎になる可能性が高くなるので注意しましょう。


      

ナビゲーション

PR