×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

膀胱炎の治療法

       スポンサードリンク

治療法

 こちらでは、膀胱炎の治療方法について解説します。膀胱炎の治療方法は、膀胱炎の種類によって変わります。症状によっては、薬は処方されず自然治癒で治す場合もあります。排尿することによって膀胱内に存在する細菌を外に洗い流すのです。尿が溜まると痛みを感じるため、水分を取るに抵抗を感じますが、水分を取り尿の排出を促進させるのが良い場合もあります。細菌が原因である急性膀胱炎など場合は抗生物質などの抗菌剤が効果的です。投与されると2日ほどで、膀胱炎の症状は落ち着き、1週間程度で完治します。慢性膀胱炎の場合にも細菌が原因のものがありますが、完治には急性膀胱炎よりも長い期間がかかります。また慢性膀胱炎には基礎疾患が原因の場合もあり、その際は基礎疾患を治療しなければ慢性膀胱炎は治らないので注意が必用です。
 
間質性膀胱炎の場合は、原因が不明のため抗生物質ではなく、水圧拡張療法などで治療を行います。水圧拡張療法は、麻酔をうち膀胱内に生理食塩水を注入することで委縮した膀胱を広げるというものです。かなり改善されるようですが、完治するものではないので再度水圧拡張療法を行う必要があります。他にも膀胱内に直接治療薬を投与することもあります。膀胱の切除や、人口膀胱を着ける場合もあるようです。悪化する前に病院へ行き正しく治療しましょう


 こちらでは、膀胱炎治療の際に使われる主な薬について記載します。膀胱炎の原因となる細菌は大腸菌がほとんどです。したがって使われる薬も抗生物質などの抗菌剤となります。主な抗菌剤は、タリビットなどのニューキノロン系剤、サワシリンなどのペニシリン系剤、パンスポリンなどのセフェム系剤などがあります。特にニューキノロン系剤は大腸菌に対して効果的です。また、膀胱炎による残尿感等の症状を取り除くために、ウリトリスなどの抗コリン剤を使うこともあります。痛みを取り除く鎮痛剤としては、ボルタレンなどがあり処方されることがあるでしょう。
 整腸剤が処方されることがりますが、ニューキノロン系剤と合わせると副作用で出ることがあるようなので、注意が必用です。
間質性膀胱炎と診断された場合には、原因が細菌ではないので、抗アレルギー剤のトシル酸スプラタストなどが処方されることが多いようです。市販されている薬の中には、細菌に効果的な薬はほとんど無いため、早めに病院に行き、薬を処方してもらうのが良いでしょう。


     

検査方法

 ここでは、病院における膀胱炎の検査を方法を少しご紹介します。検査方法はまず、尿検査です。尿検査では、試験紙による検査や尿細菌検査などがあります。尿細菌検査では、原因となる細菌の特定や細菌に効果のある抗生物質の特定などを行っているのです。
 尿を採取する際は出始めの尿ではなく、中間尿を採取するようにしましょう。出始めの尿には、膀胱内以外の細菌がつく場合があり、間違って膀胱炎と診断されてしまう可能性があります。
膀胱炎の治り具合によっては、膀胱に造影剤を入れ、膀胱の状態を調べたりします。



      
      

ナビゲーション

PR